Browse Author

rankup

賢く使え!フラット35

「フラット35」とは、住宅支援機構が対応している住宅ローンの名前です。

以前は住宅金融公庫と呼ばれていた住宅支援機構は、民間の金融機関と共同で長期金利の住宅ローンを提供しています。

フラット35の35とは、最長で35年のローンを組めるところからきています。

35年のローンということは、仮に40歳で組んだとしても75歳まで可能ということになるでしょう。

もちろん年収や職業・借り入れる金額によっても幅はありますが、ほとんどの場合で審査に落とされたりはしません。

保証料・繰り上げ返済が無料という点でも、住宅ローンを組む人はほとんどフラット35を使っています。

民間の銀行によっては、100万円繰り上げ返済をするたび1回ごとに事務手数料として、5,000円程度は支払わなければなりません。

自分の借りたお金を返すだけなのに、利子のついている返済金+手数料分が必要になるのです。

それを考えただけでも、フラット35がどれだけ得になるのか分かるでしょう。

では、なぜフラット35は手数料が必要ないのか。

住宅支援機構は元々政府の政策金融機関でした。

そのため金利を安く抑え、住宅ローンの借り入れしやすい金融機関なのです。

ただ、団体信用生命保険への加入が絶対的な条件ではないため、借りる側がこれに入らない場合は、死亡時に住宅ローンが残っていることになります。

民間の窓口からフラット35を申し込む場合は、金融機関が独自で団体生命保険を用意していることもあるため、それほど心配する必要はありません。

借り入れ額相当の保険会社の生命保険に加入する方法もあるので、何を選ぶかは相談するようにして下さい。

けれど、住宅支援機構の基準に合っていなければ、融資を受け取ることはできません。

つまり建築基準が満たされていなければならないので、そこが認めてもらえない場合はローンを組めないのです。

その辺りは素人には分からないので、建築士に確認して任せておきましょう。

繰り上げ返済の手数料は必要ありませんが、融資を受ける際に融資事務手数料は求められます。

そのため最初に借り入れるときは、少しまとまった金額が必要になるかもしれません。

金額は、定額もしくは借り入れる金額の一部になります。

住宅支援機構からはこの他に、借り入れ期間20年以下のフラット20。

長期優良住宅へは、借り入れ期間50年のフラット50があります。

住宅ローンをお得な金利で借り換えるための比較サイト【モゲプロ】で書かれてるように、条件さえ合えば借り換えをすることもできるので、フラット35を使えばうまく住宅ローンを組むことができます。

自営業者の住宅ローン申し込みに必要な納税証明書

住宅ローンに申し込みをする時は、収入を証明する書類が必要です。
会社員なら源泉徴収票と課税証明書、あるいは源泉徴収票と住民税決定通知書の二種類を求められるのが一般的です。会社から支払われる給与は源泉徴収票で分かりますが、中には副業をしている人がいるため、トータルの所得を証明できる課税証明書か住民税決定通知書が必要ということです。
一方で自営業や個人事業主の場合は、源泉徴収はされていませんので、納税証明書を提出することになります。
源泉徴収される会社員は税金を滞納することは稀ですが、自営業者や個人事業主の場合、税金を滞納している人も少なくありません。
税金を払わないような人に住宅ローンの融資はできないということで、納税証明書が求められます。
納税証明書は、未納がないかを確認すると同時に所得を知るための書類でもあります。
住宅ローンの審査に使われます。所得が少ないと、審査に通らない可能性があります。
正当な方法で節税対策をして、所得が少なくなっているなら問題はありませんが、脱税に近いような節税対策をしている場合には、審査に不利になります。
過去数年間にわたって求められることが多いですが、所得が著しく変化している時も不利になることがあります。

長野市で不動産査定するなら売却する業者を厳選する

長野市で不動産査定をするなら、売却する業者を厳選するようにしましょう。
厳選することでこれまで使っていた不動産物件をかなり高い金額で売ることができるので、金銭面での問題をすべて解決できます。
高額査定してくれる不動産業者は多数あり、新興系の不動産業者から、地元資本に大手の企業まで、長野市の不動産査定業者ならば、適切な値段をつけてくれますから安心して売却ができます。
年間取り扱い実績数がかなり多い店舗に売却をすれば、相場価格よりも上乗せした査定額で不動産を売ることが可能です。
マンションに土地に一戸建てまで、いろいろな物件を扱っているのが長野市の不動産業者ですから、不動産査定に関するノウハウは豊富なので安心です。
購入価格が高かった高級物件については、その物件の価格も考慮してくれますから、あなたの大切な住宅をより高く売ることができます。
売却価格に納得できなかった場合には、より高値で引き取ってくれる業者を見つけるために、別の業者を探すことも可能です。
査定料は見積り段階ならばかからないところが多いので、長野市の不動産査定を考えるなら、納得の行く価格をつけてくれてスタッフの対応が良い、不動産査定を選びましょう。

ネット銀行の住宅ローンとは

ネット銀行というのは、意外と色々な金融サービスを提供しています。
ネット銀行とはいえ、銀行業務の大半はやっています。
その一つに住宅ローンがあります。
これはしっかりと見るべき価値があるサービスであるといえます。
ネット銀行は新興系の銀行ともいえます。
ですから、既存の銀行よりも何かしら充実させることが求められており、住宅ローンもそうです。
事務手数料を取らなかったり、金利がやや低目であったりと兎に角、差別化を図ろうとしています。
そうすることによって、顧客を少しでも獲得しようとしているわけです。
これは既存の銀行があまりにも強すぎるからであり、その既存の顧客をネット銀行側に引き寄せる為に多少、無理をしていると言われています。
しかし、それでも利用者としては極めて有難いことであるといえます。
住宅ローンが提供されていることは確かですから、少しでも金利が安く、また使い易い銀行から借りるほうが良いに決まっているからです。
審査を受けることにはなります。
それはどんな銀行でも同じであり、ネット銀行も例外ではないです。
加えて、基本的には口座も開設する必要があります。
そこに振り込まれるようになりますから、これも必須です。

住宅ローンの元利均等と元金均等について

住宅ローンの返済方法として代表的なものに元利均等返済と元金均等返済とがあります。
元利均等返済の場合、元金と利息を合わせた返済額が一定のため、返済計画が立てやすいです。
元金均等返済に比べ当初の返済額を少なくする事ができます。
ただその反面、返済期間が同じ場合元金均等返済よりも総支払額が多くなるので、注意が必要です。
一方、元金均等返済の場合、元金と利息を合わせた返済額は返済が進むにつれ少なくなっていくので、同じ返済期間の場合、総返済額は少なくなります。
ただ、返済開始当初の負担が重くなるので注意が必要です。
一般的には将来のライフスタイルに合わせた住宅ローンを組む事が考えられるので、大抵の場合元利均等返済を選ぶ方が主流となります。
例えば、現在は夫婦共働きだけども、将来子供が生まれた場合奥様が育児に専念する、などの場合は家庭の収入が減少するので、返済額が一定で返済計画が立てやすい元利均等返済を選びます。
逆に、当面高収入が望めるケースであれば、元金均等返済を選ぶ手もあります。
ただ、元利均等返済の場合でも、繰り上げ弁済や金利の優遇等を利用するなど、返済のピッチの組み合わせ次第では、然程差がない場合もあるので、あくまでライフプランに合わせて住宅ローンを効率よく選びたいところです。

住宅ローンはランキングを参考にすると選びやすいです

住宅を購入する時にはお金が必要になります。
住宅は相場で見ても価格が高めなので、発生する費用も高額です。
安心して利用する為にも、住宅ローンはとても便利ですが、どの住宅ローンなら損をしないのかと選ぶのに悩まれる方が多いです。
住宅ローンはお金の借り入れサービスなので、トラブルを避けたり余計に費用を発生させない為にも、住宅ローン選びは慎重に行った方がお得です。
住宅ローン選びで悩んだらランキングを参考にしましょう。
人気ランキングを調べて、人気上位のローンを選べば初心者の方でも損をする可能性は低いです。
利用者が多く、利用している方から評判が良いローンなら、信頼性が高い場合が多く、利用してもトラブルが発生する事も無いです。
人気ランキングはインターネットを利用する事で簡単に調べる事が出来るようになっています。
商品やサービス等、様々な物の人気ランキングを載せているサイトは多いです。
どのサイトもアクセスして情報を見ても、お金がかかるような所は殆ど無いので、インターネット初心者の方でも調べるのに手間取るような事は無いです。
逆に人気が低いローンを調べても、対応が悪いような所を避ける事が出来るので、失敗が無くなります。

不動産取引の際に覚えておきたい営業保証金と弁済金について

マンション売却を行った売主と、それを購入した買主。マンション購入後、雨漏りなどの瑕疵があることが判明した場合、買主側はどのような手順を踏むべきかを知っておくことは重要です。
もしマンション売却をした売主が不動産業者であった場合、この宅建業者は営業保証金というものを供託所に事務所1箇所に対して1000万円、支店1つに対して500万円を供託しているので、いざという時には供託所へ還付請求をする事が出来ます。
しかし宅建業者の中には宅地建物取引業保証協会に加入している所もあります。
これは営業保証金1000万円は高すぎるため少ない金額で宅建業者として営業するためのもう一つの方法で、この協会の社員になることで宅建業を行える制度があり、事務所1箇所に対して60万円、支店を一つ増やすごとに30万円を弁済業務保証金分担金として供託する事で宅建業が行えるという制度があります。
その宅建業者から弁済を受けるには、ただ供託所へ行っても弁済が受けられるわけではありません。
まずは宅地建物取引業保証協会に状況を説明して弁済に該当する場合は認証を得て、その後に供託所へ行って還付を受けるという手順を踏む必要があります。
マンション売却をした宅建業者がもし倒産した場合であったとしても、あきらめずにまずは協会や供託所へ問い合わせをしてみる事をお勧めします。

住宅ローンの固定金利の特徴とメリット・デメリットとは

住宅ローンを組む時に採用される金利には、固定と変動があります。
固定は決まった期間の間は契約時の金利がずっと続く為、決まった期間が満了になったらまたどちらかを選ぶことが出来ます。
その為急激に金利が上昇してしまったとしても、決められた期間内であれば支払い金額は一定なので、急に支払額が増えるといったリスクを回避することが可能です。
また支払い金額が一定の為、返済計画が立てやすいというのもメリットといえます。
固定の場合の期間は5年・10年・20年など様々で、35年間一定というフラット35というものもあり、期間は自分達で選ぶことが出来ます。
金融機関にもよりますが基本的には、期間が長い分金利が高くなる傾向にあります。
ですのでこのタイプの住宅ローンはあまりこまめに景気の動向などをチェックできない人や、リスクを回避したい人にお勧めといえます。
ただ固定の場合は不況の影響で金利が急激に下がったからといって、急に変動に変えることは出来ません。
その為場合によっては損をしてしまう場合もある為、その点は注意しなければいけません。
住宅ローンを固定で組もうと考えているならば、上記の点に注意した上で景気の動向に目を向けながら、期間は何年にするかなど選ぶことをお勧めします。

群馬で住宅ローンを利用するための流れの決め方とは

群馬で住宅物件を購入する場合は最適な住宅ローンを選び、今後の生活を安心して暮らせるように計画を立てて過ごす方法が望ましいです。
ローンの選び方は銀行や公的融資があるため内容を比較して最適な方法を探し、疑問点があれば相談をすれば今後の生活のスタイルに合わせて最適な内容を診断してもらえます。
群馬で住宅ローンをする時は自治体のサイトなどで情報を確かめることができ、住宅物件を購入して転居をすることを考えている時に参考にすると便利です。
住宅物件を購入する時は事前に流れを把握し、疑問点があればメールや電話などで相談すると解消できるため気になる時に気軽にすると安心できます。

群馬で住宅ローンを利用するための流れの決め方は自治体や銀行のローンの内容を比較し、金利や利用可能額のほかに条件を確かめて今後の生活のスタイルに合わせて考える方法が望ましいです。
住宅物件を購入する場合は今後の収入の状況に合わせて決め、少ない時に高い物件を購入すると退職までに完済できない可能性が高いために責任を持って考える必要があります。
群馬で家族で暮らす時は最適な住宅ローンを探し、全員が安心して過ごせるように計画を立てることが重要です。

住宅ローンに申し込む際に連帯保証人を用意する必要はあるのか

お金を借りようとする際に連帯保証人を用意しなければならないと考える人は多いですが、個人向けローンであるカードローンでは原則として保証人がいなくても申し込むことができます。
では、カードローンよりもっと融資額が大きくなる住宅ローンの場合は連帯保証人についての取り扱いはどのようになっているのでしょうか。
結論から述べると、住宅ローンの申込時の連帯保証人は、金融機関によっては用意しなければならない場合がありますが、基本的には用意しなくても融資を受けることが可能です。
住宅ローンでは連帯保証人がいなくても良い代わりに、申込先の金融機関が委託している信用保証会社から保証を受けなければ融資を受けることができません。
信用保証会社が申込者の信用を保証するかどうかは正式審査において判断され、審査を通過できた場合には信用保証会社に対価として一定の費用を支払わなければなりません。
これが住宅ローンの諸費用の中に含まれている保証料と呼ばれる費用です。
一方で、住宅ローンの申込時に連帯保証人が必要となる可能性があるケースとしては、複数人の共有名義で住宅を購入する場合や、両親などの親族が所有する土地の上に住宅を建てる場合、自営業者が住宅を新築する場合などが挙げられます。

  • 1
  • 2