住宅ローンに申し込む際に連帯保証人を用意する必要はあるのか

お金を借りようとする際に連帯保証人を用意しなければならないと考える人は多いですが、個人向けローンであるカードローンでは原則として保証人がいなくても申し込むことができます。
では、カードローンよりもっと融資額が大きくなる住宅ローンの場合は連帯保証人についての取り扱いはどのようになっているのでしょうか。
結論から述べると、住宅ローンの申込時の連帯保証人は、金融機関によっては用意しなければならない場合がありますが、基本的には用意しなくても融資を受けることが可能です。
住宅ローンでは連帯保証人がいなくても良い代わりに、申込先の金融機関が委託している信用保証会社から保証を受けなければ融資を受けることができません。
信用保証会社が申込者の信用を保証するかどうかは正式審査において判断され、審査を通過できた場合には信用保証会社に対価として一定の費用を支払わなければなりません。
これが住宅ローンの諸費用の中に含まれている保証料と呼ばれる費用です。
一方で、住宅ローンの申込時に連帯保証人が必要となる可能性があるケースとしては、複数人の共有名義で住宅を購入する場合や、両親などの親族が所有する土地の上に住宅を建てる場合、自営業者が住宅を新築する場合などが挙げられます。