住宅ローンの元利均等と元金均等について

住宅ローンの返済方法として代表的なものに元利均等返済と元金均等返済とがあります。
元利均等返済の場合、元金と利息を合わせた返済額が一定のため、返済計画が立てやすいです。
元金均等返済に比べ当初の返済額を少なくする事ができます。
ただその反面、返済期間が同じ場合元金均等返済よりも総支払額が多くなるので、注意が必要です。
一方、元金均等返済の場合、元金と利息を合わせた返済額は返済が進むにつれ少なくなっていくので、同じ返済期間の場合、総返済額は少なくなります。
ただ、返済開始当初の負担が重くなるので注意が必要です。
一般的には将来のライフスタイルに合わせた住宅ローンを組む事が考えられるので、大抵の場合元利均等返済を選ぶ方が主流となります。
例えば、現在は夫婦共働きだけども、将来子供が生まれた場合奥様が育児に専念する、などの場合は家庭の収入が減少するので、返済額が一定で返済計画が立てやすい元利均等返済を選びます。
逆に、当面高収入が望めるケースであれば、元金均等返済を選ぶ手もあります。
ただ、元利均等返済の場合でも、繰り上げ弁済や金利の優遇等を利用するなど、返済のピッチの組み合わせ次第では、然程差がない場合もあるので、あくまでライフプランに合わせて住宅ローンを効率よく選びたいところです。