不動産取引の際に覚えておきたい営業保証金と弁済金について

マンション売却を行った売主と、それを購入した買主。マンション購入後、雨漏りなどの瑕疵があることが判明した場合、買主側はどのような手順を踏むべきかを知っておくことは重要です。
もしマンション売却をした売主が不動産業者であった場合、この宅建業者は営業保証金というものを供託所に事務所1箇所に対して1000万円、支店1つに対して500万円を供託しているので、いざという時には供託所へ還付請求をする事が出来ます。
しかし宅建業者の中には宅地建物取引業保証協会に加入している所もあります。
これは営業保証金1000万円は高すぎるため少ない金額で宅建業者として営業するためのもう一つの方法で、この協会の社員になることで宅建業を行える制度があり、事務所1箇所に対して60万円、支店を一つ増やすごとに30万円を弁済業務保証金分担金として供託する事で宅建業が行えるという制度があります。
その宅建業者から弁済を受けるには、ただ供託所へ行っても弁済が受けられるわけではありません。
まずは宅地建物取引業保証協会に状況を説明して弁済に該当する場合は認証を得て、その後に供託所へ行って還付を受けるという手順を踏む必要があります。
マンション売却をした宅建業者がもし倒産した場合であったとしても、あきらめずにまずは協会や供託所へ問い合わせをしてみる事をお勧めします。