住宅ローンの固定金利の特徴とメリット・デメリットとは

住宅ローンを組む時に採用される金利には、固定と変動があります。
固定は決まった期間の間は契約時の金利がずっと続く為、決まった期間が満了になったらまたどちらかを選ぶことが出来ます。
その為急激に金利が上昇してしまったとしても、決められた期間内であれば支払い金額は一定なので、急に支払額が増えるといったリスクを回避することが可能です。
また支払い金額が一定の為、返済計画が立てやすいというのもメリットといえます。
固定の場合の期間は5年・10年・20年など様々で、35年間一定というフラット35というものもあり、期間は自分達で選ぶことが出来ます。
金融機関にもよりますが基本的には、期間が長い分金利が高くなる傾向にあります。
ですのでこのタイプの住宅ローンはあまりこまめに景気の動向などをチェックできない人や、リスクを回避したい人にお勧めといえます。
ただ固定の場合は不況の影響で金利が急激に下がったからといって、急に変動に変えることは出来ません。
その為場合によっては損をしてしまう場合もある為、その点は注意しなければいけません。
住宅ローンを固定で組もうと考えているならば、上記の点に注意した上で景気の動向に目を向けながら、期間は何年にするかなど選ぶことをお勧めします。